Go to Contents Go to Navigation

済州島で難民申請のイエメン人 339人に人道的滞在許可=韓国

記事一覧 2018.10.17 12:19

【済州聯合ニュース】韓国法務部の済州出入国・外国人庁は17日、今年に入り南部・済州島に入国して難民申請したイエメン人のうち、339人に対して人道的配慮からの滞在許可を出した。先月14日にも23人のイエメン人が同様の許可を受けている。

済州島で難民申請するイエメン人=(聯合ニュースTV)

 同庁は、難民法上の難民認定要件を満たしてはいないものの、強制追放すれば生命や身体に危険が及ぶ恐れのあるイエメン人に対し、難民法の規定に基づき人道的滞在許可を出したと説明している。滞在許可期間は1年で、済州島からの出島制限も解除される。今回も難民認定を受けた人はいなかった。

 済州島は特定国の国民を除き多くの外国人が査証(ビザ)なしで一定期間滞在できる。今年に入り、内戦下のイエメンから逃れ済州島に入国し、難民申請したイエメン人は481人(申請を放棄した3人を除く)。

 韓国政府は難民の流入を受け、6月に済州島のビザなし入国対象国からイエメンを外した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。