Go to Contents Go to Navigation

文大統領きょうローマ法王と会談 正恩氏の訪朝要請伝達

記事一覧 2018.10.18 10:00

【バチカン聯合ニュース】イタリアを訪問している韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は18日午後(日本時間)、バチカン(ローマ法王庁)で法王フランシスコを表敬訪問し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)からの訪朝要請を伝える。

 これまでローマ法王が訪朝したことは一度もない。このため金委員長からの要請に法王が応じるかどうかに注目が集まっている。

 朝鮮半島の平和と南北和解への支持を表明してきた法王の訪朝が実現すれば、文大統領の朝鮮半島平和体制構想に弾みがつくのはもちろん、非核化の過程で大きな足跡を残すことになるとの見通しも出ている。

 故金正日(キム・ジョンイル)総書記は2000年に当時の法王ヨハネ・パウロ2世を平壌に招待したが、法王の訪朝は実現しなかった。

 バチカンでは3日から全世界の司教らが集まる「世界代表司教会議」が開かれており、就任後最も忙しい時期を迎えた法王が文大統領と単独で会談するのは文大統領への配慮のためとの見方が出ている。

 文大統領は会談で金委員長の招請の意向を伝えるとともに、朝鮮半島の非核化と恒久的な平和定着に向けた韓国政府の努力に対する支持を要請するとみられる。

バチカンのサンピエトロ大聖堂で17日(現地時間)に行われた「朝鮮半島の平和のためのミサ」の終了後、演説する文大統領=(聯合ニュース)

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。