Go to Contents Go to Navigation

韓国「深い憂慮と失望」 安倍氏の靖国神社への供物に

記事一覧 2018.10.18 11:12

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は18日、日本で靖国神社の秋季例大祭に合わせ安倍晋三首相が供物の「真榊」を奉納し、与野党の国会議員が同神社を集団参拝したことについて「深い憂慮と失望を禁じ得ない」とする報道官論評を発表した。

靖国神社を参拝する与野党議員=18日、東京(共同=聯合ニュース)

 論評は「日本の政治家が正しい歴史認識に立ち、過去の歴史に対する謙虚な省察と真摯(しんし)な反省を行動で示すことで周辺国の信頼を得て、未来志向的な韓日関係の発展に寄与することを厳重に促す」と述べた。

 靖国神社には太平洋戦争のA級戦犯が合祀(ごうし)されている。安倍氏は17日に真榊を奉納し、18日には超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」のメンバーが集団参拝した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。