Go to Contents Go to Navigation

文大統領がASEM首脳会合前の夕食会 朝鮮半島平和へ支持呼びかけ

記事一覧 2018.10.19 09:09

【ブリュッセル聯合ニュース】欧州を歴訪中の文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領は18日(現地時間)、アジア欧州会議(ASEM)首脳会合のためベルギー・ブリュッセルを訪れ、同会合に先立ちトゥスク欧州連合(EU)大統領が主催した夕食会に出席した。

17日、バチカン(ローマ法王庁)を公式訪問し、ピエトロ・パロリン国務長官(首相に相当)が執り行った「朝鮮半島の平和のための特別ミサ」の後、朝鮮半島の平和定着をテーマに演説する文大統領(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国青瓦台(大統領府)によると、文大統領はトゥスク氏に、ASEM首脳会合の開催準備と歓待に対する謝意を伝えた。

 文大統領はベルギーのフィリップ国王や英国のメイ首相、日本の安倍晋三首相らと共に前方のテーブルに着席。南北、韓米の首脳会談開催による朝鮮半島の非核化進展について説明し、平和定着構想への支持を求めた。

 この夕食会では、世界で活躍する韓国出身のピアニスト、イム・ドンヒョク氏がショパンの曲を演奏した。青瓦台は「トゥスク氏をはじめEU側の韓国に対する格別な関心と配慮が反映されたもので、ASEMメンバー国の首脳らが韓国の文化と芸術を鑑賞する良い契機になった」と説明した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。