Go to Contents Go to Navigation

「常習的に暴行受けた」 韓国ボーイズバンドのメンバーが涙の告白

記事一覧 2018.10.19 15:36

【ソウル聯合ニュース】10代メンバー6人で構成する韓国のボーイズバンド「The EastLight.」が所属事務所メディアラインエンターテインメントのプロデューサーから常習的に暴行を受けていたと暴露し、波紋が広がっている。

記者会見するイ・ソクチョルさん=19日、ソウル(聯合ニュース)

 事務所側は18日、過去にプロデューサーによる暴行があったことを認める一方、再発防止を約束して以降は暴行は起きていないと釈明。だが、19日にメンバーのイ・ソクチョルさんが記者会見で被害を証言したことで、この釈明は火に油を注いだ形になった。

 高校3年生のイさんはこの日、弁護士を伴ってソウルで会見し、「2015年から17年にかけてプロデューサーから野球のバットや鉄製のマイクなどで常習的に暴行された」と打ち明け、涙を流した。「(バンドメンバーの)実弟のイ・スンヒョンはスタジオに監禁されてプロデューサーに全身を殴られた」「演奏を間違えたりするとプロデューサーが首を絞めた」などとも主張した。

 また、同事務所のキム・チャンファン会長についても「暴行の現場を目撃しても傍観した」と明かした。事務所側は、キム氏が暴行をほう助したことはないとの立場だ。

 イ・ソクチョルさんはさらに、「親に告げたら殺すと脅迫も受けていた」と明かし、「スンヒョンは脅迫と暴力がトラウマとなり、精神科で治療を受けている」と言葉を絞り出した。

 その上で、「継続的に暴行、脅迫、未成年者虐待、人権蹂躙(じゅうりん)を受けていた。リーダーとして、K―POP歌手として大事なメンバーや弟が受けた傷を傍観することはできない。K―POPシーンで未成年者虐待や人権蹂躙がなくなってほしいという思いだ」と述べた。

会見で涙をぬぐうイ・ソクチョルさん=19日、ソウル(聯合ニュース)

 一方、同席した弁護士は、所属事務所の再発防止の約束は守られなかったとし、むしろ暴行したプロデューサーが今月になって再び復帰し、これに抗議したイ・スンヒョンさんをグループから外したと主張した。イ・ソクチョルさんもバンド活動を休止する予定だ。

 弁護士はイ・ソクチョルさんとイ・スンヒョンさんが刑事告訴を準備していると伝えた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。