Go to Contents Go to Navigation

無人偵察機「グローバルホーク」4機 19年に導入完了=韓国空軍

記事一覧 2018.10.19 17:24

【鶏竜聯合ニュース】韓国空軍は19日、中部の忠清南道・鶏竜で行われた国会の国政監査で、北朝鮮の偵察に用いる高高度無人偵察機「グローバルホーク」4機の導入を来年までに完了する計画だと報告した。

国政監査で答弁する李旺根参謀総長=19日、鶏竜(聯合ニュース)

 グローバルホークは連続飛行時間が長く、20キロの上空からレーダーや赤外線センサーなどで地上にある30センチ大の物体までも識別できる。グローバルホークの導入完了後、空軍は2020年までに複数機の中高度無人偵察機を追加で導入する計画だ。

 空軍はあわせて、北朝鮮の核・ミサイル脅威などに対応した長距離地対空ミサイルを24年までに戦力化し、迎撃ミサイルのパトリオット(PAC3)も22年までに導入すると明らかにした。

 空軍制服組トップの李旺根(イ・ワングン)参謀総長は「朝鮮半島の安全保障状況が急変するなか、強い力で朝鮮半島の平和と安保を下支えするため、最上の軍事的備えの確立にベストを尽くしている」と強調した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。