Go to Contents Go to Navigation

南北 共同警備区域の地雷撤去完了=25日までに兵力・火器撤収

記事一覧 2018.10.20 07:00

【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮は20日、軍事境界線がある板門店の共同警備区域(JSA)の非武装化に向けJSAのそれぞれのエリアで進めてきた地雷撤去作業を終える。

共同警備区域(資料写真)=(聯合ニュース)

 JSA非武装化は、南北が9月に北朝鮮・平壌で首脳会談を開いた際に交わした「板門店宣言の履行に向けた軍事分野合意書」に盛り込まれ、その最初の措置として今月20日までに地雷撤去を完了することになっている。

 韓国側は19日に地雷撤去作業を事実上終えた。政府関係者によると、北朝鮮側もこの日作業を終えるもようという。

 これまで北朝鮮側は5発程度の地雷を撤去したことが分かった。韓国側からは地雷が発見されなかった。

 国連軍司令部はJSAにおける南北の地雷撤去の状況を検証し、次の段階の手順をサポートするとの立場を明らかにした。

 地雷撤去作業の終了が公式発表されれば、来週からJSA内の見張り所(GP)と兵力、火器の撤収作業が行われる。これらの作業は今月中にも終わる見通しだ。

 軍事分野合意書は、地雷撤去の完了から5日以内に、南北と在韓国連軍司令部の3者が南北のGPと兵力、火器を撤収するよう定めており、そのため撤収は今月25日までに終えなければならない。

 GPについては、JSA内の北朝鮮側5カ所と韓国側の4カ所が撤去される。一方、JSAの北朝鮮エリアに韓国側のGPが、韓国エリアには北朝鮮側のGPが新たに設置される。短機関銃や小銃、拳銃などはすべてJSAの外に持ち出される。

 南北と在韓国連軍司令部の3者は近く、JSA非武装化を巡る2回目の会合を開き、非武装化の検証や非武装化完了後の共同管理機構の構成や任務、運営方法などを協議する見通しだ。

 非武装化が完了すれば、JSAを訪れる南北の民間人や外国人観光客は午前9時から午後5時まで、JSA内の南北両エリアを行き来できるようになる。

 JSAは本来、朝鮮戦争の休戦協定の精神に基づき、軍事境界線の標識もなく、双方を自由に往来することができた。だが、米兵2人が北朝鮮側の攻撃で殺害された1976年の「ポプラ事件」以降、板門店内に軍事境界線が表示され、南北の哨戒所も分離された。南北の将兵間の会話も禁止され、韓国側の警備兵は視線を隠すため、黒いサングラスを着用している。南北の警備兵は拳銃で武装している。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。