Go to Contents Go to Navigation

トップ経営復帰の韓国ロッテ 大規模投資・雇用計画を発表

記事一覧 2018.10.23 15:10

【ソウル聯合ニュース】韓国ロッテグループは23日、国内外の全事業部門にわたり、向こう5年間で総額50兆ウォン(約4兆9500億円)を投資すると発表した。また、5年間で7万人を雇用し、経済活性化と雇用創出に寄与するとした。

辛東彬会長(コラージュ)=(聯合ニュース)

 ロッテの大規模投資・雇用計画の発表は、辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)グループ会長が経営復帰後、国の経済発展に寄与し、持続的な成長を遂げるための方策を多角的に模索するよう指示したことを受けたもの。辛氏は朴槿恵(パク・クネ)前大統領らへの贈賄罪などに問われて2月に一審で実刑判決を言い渡され、身柄を拘束されたが、今月5日に控訴審で執行猶予付き判決を受けて釈放され、8カ月ぶりに経営に復帰した。

 ロッテは計画1年目の2019年に年間で過去最大となる約12兆ウォンを投資する予定だ。

 流通部門ではオンライン事業の強化に集中的に資金を投じる方針で、化学部門では韓国やインドネシア、米国でエチレン設備などの増設を進める。

 特に流通部門では人工知能(AI)などのデジタル技術とビッグデータを積極的に活用し、顧客に新たな経験を提供するとしている。物流施設・システムなどオンライン、オフラインをひっくるめた流通インフラの構築に大規模投資を行い、顧客の利便性を一段と高める計画だ。雇用誘発効果の高いショッピングモール事業も継続的に推進する。

 食品部門ではトレンド分析や新製品開発のためAIへの投資を増やし、国内外の設備も改善して収益性を引き上げる。

 化学部門は国内生産拠点への設備投資で規模の経済を達成し、コスト競争力を高める。海外でも大規模設備投資を実施する予定だ。観光・サービス部門では国内外の事業拡大とロッテのブランド価値の向上に重点を置く。

 一方、ロッテは雇用計画について、19年は今年より1割ほど多い1万3000人以上を採用する予定だと明らかにした。その後、採用人数を毎年徐々に増やし、23年までに計7万人を雇用する計画だ。

 これに先立ち、辛東彬氏はグループの経営不正を巡る検察捜査が終わった後の16年10月、経営刷新策を発表し、17年からの5年間で7万人を新たに雇用し、総額40兆ウォンを投資する計画だと表明していた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。