Go to Contents Go to Navigation

朝米高官協議まだ決まらず 年内の終戦宣言「可能」=韓国高官

記事一覧 2018.10.24 08:53

【ワシントン聯合ニュース】北朝鮮と米国の非核化を巡る交渉に詳しい韓国政府高官は23日(現地時間)、ワシントンで記者団に対し、朝米(米朝)高官協議の開催について、「調整を続けているが、まだ日程や場所が決まっていない」とした上で「北が具体的な返答をしない」と明らかにした。

ポンペオ米国務長官(コラージュ)=(聯合ニュース)

 ポンペオ米国務長官は19日、米メディアに対し、1週間半以内に北朝鮮と高官協議を開き、非核化協議が大きく進展することに期待を示していた。

 同高官は「米国は準備ができているため、(北朝鮮から)返事が来ればすぐ会うことができる」と説明。年内の朝鮮戦争の終戦宣言については、「(朝米の)実務交渉の合意にかかっている」として、「合意ができれば、年内の終戦宣言は不可能と思わない」と述べた。また、「われわれの立場は年内に南北米の3者、または南北米中の4者が終戦宣言をすること」と強調した。

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の年内のソウル訪問の可能性に関しては、「朝米が1月の首脳会談を実務的に準備する過程で、ある程度は非核化に進展があるのではないか」として、「この過程で南北の首脳がソウルで会う環境も整う可能性がある」と述べた。

 一方、21日に訪米した韓国外交部の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長はビーガン北朝鮮担当特別代表らと会談し、非核化問題を巡る韓米の対北朝鮮政策を調整した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。