Go to Contents Go to Navigation

「世宗大王」テーマに外国人向けツアー実施へ 韓国観光公社

記事一覧 2018.10.24 14:46

【ソウル聯合ニュース】韓国観光公社は24日、1446年に訓民正音(ハングルの古称)を発布した朝鮮王朝第4代王、世宗の即位600周年を記念し、京畿道・驪州市と共同で「大王」と呼ばれる世宗ゆかりの地訪問やミュージカル鑑賞などを盛り込んだ外国人向けの日帰りツアーを実施すると明らかにした。

ミュージカル「1446」(韓国観光公社提供)=(聯合ニュース)

 28日に行われる今回のツアーは、世宗大王というテーマでの観光商品化と外国人観光客の誘致基盤づくりを目的とし、韓国観光公社が運営するSNS(交流サイト)の外国人記者団や海外個人旅行(FIT)者など約150人が参加する。

 参加者は驪州で世宗の陵「英陵」を訪問。ソウルでは国立ハングル博物館を見学した後、世宗をモチーフにしたミュージカル「1446」を鑑賞する予定だ。

 公演後には「2018大学路公演観光フェスティバル」の一環として開かれるミュージカル出演俳優によるトークショーなど、特別イベントに参加する。

 韓国観光公社は今回のツアーで、今月「世宗大王文化祭」が開催された驪州を「世宗大王の都市」としてPRし、外国人観光客を誘致するコンテンツとしての可能性を探る計画だ。

 また、外国語字幕が表示されるミュージカル公演の観光資源化も推進する。

 観光公社の担当者は「韓流の人気と共に韓国語を学ぶ外国人が増えており、ハングルや世宗大王の訪韓観光コンテンツとしての可能性に注目する必要がある」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。