Go to Contents Go to Navigation

LG電子の7~9月営業益 前年比45%増=テレビ・生活家電好調

記事一覧 2018.10.25 16:48

【ソウル聯合ニュース】韓国のLG電子が25日発表した7~9月期の連結決算(確報値)によると、本業のもうけを示す営業利益は前年同期比45.1%増の7488億ウォン(約738億円)で、7~9月期としては2009年(8510億ウォン)以来の高水準を記録した。売上高は前年同期比1.3%増の15兆4270億ウォンで、7~9月期としては過去最高だった。テレビ・生活家電事業の好調がけん引した。

LG電子(資料写真)=(聯合ニュース)

 1~9月期の累計は営業利益が前年同期比25.0%増の2兆6276億ウォン、売上高が2.6%増の45兆5694億ウォンとなった。2018年通期では営業利益、売上高ともに過去最高を更新する見通しだ。

 7~9月期の業績を事業部門別にみると、冷蔵庫やエアコンなど生活家電を手掛けるホーム・アプライアンス&エア・ソリューション(H&A)事業本部が4000億ウォンを超える営業利益を計上した。テレビ事業を担うホーム・エンターテインメント(HE)事業本部の営業利益も、プレミアム戦略が奏功して3000億ウォンを上回った。

 一方、スマートフォン(スマホ)事業を担当するモバイル・コミュニケーションズ(MC)事業本部は不振を脱却できず、7~9月期も1000億ウォン以上の営業損失を計上した。ただ、前年同期や前期に比べると赤字幅は縮小した。

 新たな収益柱として育成している自動車部品事業のビークル・コンポーネンツ(VC)事業本部は今年買収したオーストリアの自動車用ライト大手、ZKWの業績が反映され、四半期として初めて売上高が1兆ウォンを超えたが、黒字転換は果たせなかった。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。