Go to Contents Go to Navigation

南北が将官級会談開催 軍事合意書履行を中間評価

記事一覧 2018.10.26 10:12

【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮は26日午前、南北軍事境界線がある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で将官級軍事会談を始めた。

南北会談本部で記者団の取材に応じる金氏(中央)ら=26日、ソウル(聯合ニュース)

 会談では9月に南北の国防相が署名した「軍事分野合意書」の履行に関する中間評価を行い、今後の推進日程などを協議。黄海の平和水域や共同漁労水域などを議論する南北軍事共同委員会の構成・運営、漢江(臨津江)河口の共同調査などに関しても議論する。

 南北は25日、板門店の共同警備区域(JSA)の非武装化に向けた見張り所や兵力、火器の撤収作業を終えた。26日から2日間、南北と在韓国連軍司令部が共同検証を行う。会談では検証の手続きなどについても協議する。

 会談には韓国から首席代表の金度均(キム・ドギュン)国防部対北政策官(陸軍少将)ら5人、北朝鮮からは団長の安益山(アン・イクサン)陸軍中将(韓国の少将に相当)ら5人がそれぞれ出席した。

 金氏は会談前、記者団に対し、「軍事合意の正常な推進を通じ、朝鮮半島の非核化や恒久的な平和定着をけん引できるよう、核心的な役割を果たす軍事会談でその成果が達成できるよう最善の努力を尽くす」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。