Go to Contents Go to Navigation

慰安婦被害者が死去 認定者1人増え生存者27人に=韓国

記事一覧 2018.10.26 11:17

【広州聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者が共同生活を送る施設「ナヌムの家」(京畿道広州市)は26日、被害者のハ・ジョムヨンさんが老衰のため、同日午前に死去したと発表した。

生前のハさん(ナヌムの家提供)=(聯合ニュース)

 1922年生まれのハさんは1936年から台湾や中国、インドネシアなどに連れていかれ慰安婦としての生活を強いられた。 1946年に帰国。2016年からナヌムの家で生活してきた。2男2女をもうけた。

 韓国政府が認定した慰安婦被害者240人のうち、存命者は27人になった。存命者は今年7月1日、被害者1人が死去し27人となっていたが、同月4日に新たに1人が認定され、認定者数が239人から240人に増えた。

生前のハさん(ナヌムの家提供)=(聯合ニュース)

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。