Go to Contents Go to Navigation

第15回韓中日環境研究機関長会合 釜山で開催へ

記事一覧 2018.10.28 14:25

【ソウル聯合ニュース】第15回韓中日3カ国環境研究機関長会合(TPM15)が29~31日に韓国・釜山で開催される。

 会議には韓国環境部傘下の国立環境科学院の張倫碩(チャン・ユンソク)院長、中国環境科学研究院の李海生院長、日本の国立環境研究所の渡辺知保理事長が出席する。

 30日の本会議では大気汚染、水質汚染、気候変動、環境保健の4大重点協力事業に関する共同研究の成果と計画を確認し、今後の推進策について協議する予定だ。

 また、31日は固形廃棄物管理および処理の現状と将来をテーマに国際ワークショップが開かれる。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。