Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 物理的に海上境界線認めている=韓国国防当局

記事一覧 2018.10.30 12:38

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部のイ・ジンウ広報課長は30日の定例会見で、北朝鮮が黄海上の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)を物理的に認めていると判断していると述べた。

26日に板門店で開かれた南北将官級軍事会談で握手を交わす出席者=(聯合ニュース)

 韓国が海上境界線と主張するNLLを、北朝鮮が物理的に認めているというのはどのような行動を指して言っているのかとの質問には「具体的なことは言えないが、(北朝鮮が)行動に留意している」と答えた。

 4月の南北首脳会談で署名された板門店宣言の前後から北朝鮮側の行動が変わったのかと尋ねられると「今現在の状況からはそのように理解している。(北朝鮮が)行動に留意しながら物理的にはNLLを事実上認めていると判断している」と述べた。

 同部の関係者も「平昌冬季五輪や板門店宣言発表の前と比べると、北は(NLLに)かなり留意している」と話している。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。