Go to Contents Go to Navigation

南北経済協力予算の増額 賛成51.6%でやや優勢=韓国世論調査

記事一覧 2018.11.05 10:46

【ソウル聯合ニュース】韓国調査会社のリアルメーターが5日に発表した世論調査結果によると、政府が南北の鉄道・道路連結に向けた北朝鮮の鉄道・道路の近代化など、南北経済協力事業に関する2019年度(1~12月)予算として今年度比46.4%増の5044億ウォン(約509億円)を計上したことについて、「南北関係の改善に伴い必要な予算なので賛成する」との回答が51.6%を占めた。「非核化が保証されていない状況では予算の浪費になるため反対する」は41.3%、「分からない」は7.1%だった。

南北経済協力予算の増額を巡る世論調査では賛成がやや優勢だった(コラージュ)=(聯合ニュース)

 調査は全国の成人500人を対象に2日に実施された。

 進歩(革新)層では賛成が76.6%だった一方、保守層では反対が73.4%を占め、保革で賛否が割れた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。