Go to Contents Go to Navigation

外国人向けソウル観光パス 京畿・仁川含めた特別版発売へ=韓国

記事一覧 2018.11.05 17:36

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル市は5日、外国人向け観光パス「ディスカバーソウルパス」をソウルのほか、韓国民俗村など京畿道・仁川の主要観光スポットの計96カ所で利用できるようにした「ディスカバーソウルパス 首都圏特別版」を6000枚限定で発売すると明らかにした。

「ディスカバーソウルパス 首都圏特別版」=(聯合ニュース)

 2016年7月に発売されたディスカバーソウルパスは、カード1枚でソウルの人気観光地36カ所に無料入場できるほか、30の公演や美容・韓流文化体験で割引サービスを受けられる外国人専用の観光パスだ。公共交通カード機能も備え、チャージすれば交通カードとして使用できる。

 文化体育観光部によると、昨年の訪韓観光客のうち78.8%はソウルを旅行した。ソウル市は観光客を京畿・仁川に拡散させて滞在期間延長を誘導するとともに、地方との共生を図るため特別版を企画したと説明した。

 特別版は24時間券、48時間券、72時間券がそれぞれ2000枚ずつ発売される。販売価格は通常版と同様、24時間券が3万9900ウォン(約4000円)、48時間券が5万5000ウォン、72時間券が7万ウォン。

 朱容台(チュ・ヨンテ)ソウル市観光体育局長は「今後、他の地域と連携した特別版の発売も可能だ」とし、「南北観光が活性化してソウル・平壌版のパスも開発される日が来ることを願う」と期待を示した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。