Go to Contents Go to Navigation

[韓流]デビュー13周年のスーパージュニア ファンに感謝伝える

記事一覧 2018.11.06 17:04

【ソウル聯合ニュース】デビュー13周年を迎えた韓国の人気グループ、SUPER JUNIOR(スーパージュニア)が6日、メッセージ映像を発表して心境を伝えた。

SUPER JUNIOR(資料写真)=(聯合ニュース)

 リーダーのイトゥクは「僕たちが13年間変わりなく愛されることができたのは、まさにファンがいたからだ」とし、「これからも変わらない応援をお願いする」と語った。

 シウォンは「スーパージュニアとE.L.F(ファンクラブ)が共に過ごして13年目だ。みなさんの愛と応援、支持がなければ不可能だった」と振り返った。

 スーパージュニアは2005年にイトゥク、ヒチョル、ハンギョン、イェソン、カンイン、シンドン、ソンミン、ウニョク、ドンヘ、シウォン、リョウク、キボムの12人編成でデビュー。06年にキュヒョンが加入して13人になったが、ハンギョンとキボムが脱退して11人組になった。このうち飲酒運転などで物議をかもしたカンイン、ファンとのコミュニケーション不足が問題となったソンミンは活動を中断している。

 スーパージュニアは「SORRY,SORRY」「Bonamana」「Mr.Simple」「MAMACITA」などのヒット曲をリリースし、韓国グループとして初のフランスでの単独コンサート開催、台湾の音楽配信サイトで121週連続1位、コンサート「SUPER SHOW」公演100回達成などの記録を打ち立てた。

 先月8日に発売したスペシャルミニアルバム「ONE MORE TIME」は、韓国歌手として初めて米ビルボードチャート「ラテンポップデジタルソング」で5位、「ラテンデジタルソング」で18位にランクインした。

 今月30日~12月1日には、東京ドームでコンサートを開催する。

デビュー13周年を迎えて公開された映像(レーベルSJ提供)=(聯合ニュース)

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。