Go to Contents Go to Navigation

「必ず結婚すべき」が初めて50%未満に=韓国意識調査 

記事一覧 2018.11.06 19:48

【世宗聯合ニュース】韓国統計庁が6日に発表した社会調査の結果によると、13歳以上の韓国人の過半数は結婚について「必須ではない選択」と考えていることが分かった。

「結婚すべきだ」と考える韓国人は48.1%で、初めて50%を割り込んだ(コラージュ)=(聯合ニュース)

 また結婚について、「しなければならない」と考える割合は48.1%で今年初めて50%以下に落ちた。男女が結婚しなくても一緒に暮らすことができると考える割合は56.4%で初めて50%を超えた。

 統計庁は5月から6月にかけ、満13歳以上の約3万9000人を対象に調査を行い、このような結果を公開した。

◇13歳以上の男女48.1%が「結婚すべきだ」

 韓国の13歳以上の男女のうち、「結婚すべきだ」と考えている人は48.1%で、初めて50%を割り込んだ。

 「結婚すべきだ」と考える人の割合は2010年の64.7%から12年62.7%、14年56.8%、16年51.9%と下がり、今回初めて50%を割り込んだ。

 「してもしなくても良い」と考える割合は46.6%、「してはいけない」と考える割合は3.0%だった。

 男女別では「結婚すべき」と考える割合は男性(52.8%)が女性(43.5%)より高かった。

 結婚に反対する割合は相対的に女性(3.8%)が男性(2.2%)より高かった。

 「結婚していない男女が一緒に住んでも構わない」と考える割合は56.4%で、初めて50%を超えた。

 「結婚していなくても子どもを持ってよい」という考えには30.3%が同意した。

 「結婚すれば子どもを持つべき」と考える割合は69.6%で、男性(72.6%)が女性(66.6%)より高いことが分かった。

◇子どもと同居する割合は4分の1程度に下落

 子どもと暮らす両親の割合は27.1%で2008年(38.0%)に比べて10.9ポイント減った。両親と子どもが同居する割合は2010年35.3%、12年33.7%、14年31.4%、16年29.2%と下落傾向にある。

 両親の老後について、「家族と政府、社会が共に世話をすべき」との見解が48.3%と最も多く、「家族が世話をすべき」と答えた人は26.7%で2番目に多かった。

 両親の老後は「家族が世話をすべき」と考える割合は2008年40.7%から12年33.2%、16年30.8%に減少した。

 ◇ 13歳以上男女59.1% 「家事は公平に分担」

 13歳以上の男女のうち、「家事は公平に分担すべき」と考える割合は今年59.1%を記録し、08年の32.4%に比べ2倍近くに増加した。

 「家事は主に妻がすべき」と考える割合は2008年66.5%から今年38.4%に下がった。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。