Go to Contents Go to Navigation

南北の保健当局が会談 感染症情報交換の試験事業実施などで合意 

記事一覧 2018.11.07 18:31

【開城(共同取材団)、ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮は7日、北朝鮮・開城工業団地内の共同連絡事務所で保健協力に関する分科会談を開催し、感染症の流入や拡散を防止するため、年内に感染症の情報を交換する試験事業を開始することを盛り込んだ共同声明文を採択した。

北朝鮮・開城工業団地内の共同連絡事務所で行われた保健協力に関する分科会談の様子(共同取材団)=7日、開城(聯合ニュース)

 南北は結核やマラリアをはじめとする感染症の診断や予防・治療のために互いに協力し、包括的かつ中・長期的な防疫や、保健医療の協力事業も推進することにした。

 会談には韓国から保健福祉部の権徳チョル(クォン・ドクチョル)次官ら3人が、北朝鮮からは保健省国家衛生検閲院の朴明守(パク・ミョンス)院長ら3人が出席した。

 南北が保健当局による会談を開いたのは、韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領と北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記(いずれも当時)による2007年10月の首脳会談直後の同12月以来、約11年ぶりとなる。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。