Go to Contents Go to Navigation

韓国ドキュメンタリー Tokyo Docsで最優秀企画賞受賞

記事一覧 2018.11.08 18:29

【ソウル聯合ニュース】韓国の放送局、MBC江原嶺東のプロデューサー、ハ・ヒョンジェ氏と独立映画製作会社のチョン・グァンジョ監督が制作したドキュメンタリー「ブラック・ハーモニー」が7日、「Tokyo Docs 2018」で最優秀企画賞を受賞した。

 Tokyo Docsはドキュメンタリーの国際共同制作を支援するための国際フォーラムで、2011年から毎年開かれている。

 「ブラック・ハーモニー」は発達障害者で構成されたクラリネット・アンサンブルを取り上げた作品。受賞直後に英BBCなど欧州や米国の放送局と売買契約を締結したほか、海外共同投資などの提案も受けた。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。