Go to Contents Go to Navigation

金恵淑・岡山大教授 第1回日本熱帯医学会女性賞受賞

記事一覧 2018.11.08 18:34

【東京聯合ニュース】岡山大の金恵淑(キム・ヘスク)准教授が第1回日本熱帯医学会女性賞の受賞する。

金恵淑教授=(聯合ニュース)

 日本熱帯医学会によると、金教授は熱帯医学分野での功績が認められ受賞者に決まった。

 金教授は1990年代後半からマラリア治療薬の開発に携わり、「N-79」「N-251」という抗マラリア効果がある化学物質を発見した。これら物質は、従来のマラリア治療薬(飲み薬)とは異なり、軟こうタイプの治療薬としての開発が期待されている。

 授賞式は10日に長崎大坂本キャンパスで開かれる第59回日本熱帯医学会大会で行われる。

 金教授は聯合ニュースの取材に対し「熱帯病撲滅に向けたマラリア治療薬の開発・研究が良い評価を受け、受賞者に選ばれ肩の荷が重い。賞の重みにふさわしい研究成果を出せるよう、さらに研究にまい進したい」と語った。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。