Go to Contents Go to Navigation

強制徴用判決 日本の反発に抗議=韓国外務次官

記事一覧 2018.11.08 20:15

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙顕(チョ・ヒョン)第1次官は8日、国会外交統一委員会で、新日鉄住金に対し日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者への賠償を命じた大法院(最高裁)判決に日本政府が反発していることについて、「日本側の非難に対して厳重に抗議し、批判の意思を伝えた」と答弁した。

外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官(右)と趙次官(資料写真)=(聯合ニュース)

 また、「政府レベルで全体的な対応計画は極めて慎重かつ綿密に検討している」として、「日本の正しくない態度に過剰に対応する場合、(対立が)エスカレートする可能性を憂慮し、(日本に抗議した)内容を全ては公開しなかった」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。