Go to Contents Go to Navigation

韓国南部・河東産のパプリカ 日本輸出へ

記事一覧 2018.11.09 17:39

【河東聯合ニュース】韓国南部の慶尚南道河東郡は9日、郡内の園芸専門輸出団地で生産したパプリカ500トン、約20億ウォン(約2億円)相当を日本に輸出する契約を結んだと発表した。

日本向け輸出の契約書を手にする河東郡関係者(同郡提供)=9日、河東(聯合ニュース)

 郡は農産物輸出の拡大に力を入れ施設を増やしている。今年、同輸出団地のパプリカ生産量は650トンで、その多くが日本に輸出されることになる。14日に最初の船積みを行い、来年6月まで週1~2回輸出を続ける予定。

 同地のパプリカは豊富な日照量とクリーンな環境に恵まれ、新鮮な上、食感も良いという。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。