Go to Contents Go to Navigation

正恩氏から贈られた犬が出産 文大統領「大きな幸運」

記事一覧 2018.11.12 15:49

【ソウル聯合ニュース】9月に北朝鮮・平壌で開催された南北首脳会談で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に贈った豊山犬が9日の明け方に6匹の子を産んだ。文大統領が12日にツイッターで明らかにした。

北朝鮮から贈られた犬をなでる文大統領(青瓦台提供)=(聯合ニュース)

 豊山犬は北朝鮮で天然記念物に指定されており、会談当時に雌雄各1匹が贈られた。9月27日に動物検疫手続きを終え、軍事境界線のある板門店を通じて韓国側に引き渡された。

 文大統領は「雄と雌が3匹ずつ、全て白で元気そうだ」とし、犬の妊娠期間は2カ月程度であるため、身ごもった状態で韓国側に来たのは明らかだと投稿した。

 また「2匹の贈り物に6匹が加わったのだから大きな幸運に違いない」とした上で「南北関係もこのようになることを願う」と記した。

 青瓦台(大統領府)は今回生まれた子犬と親犬については、健康状態を考え、後日公開すると伝えた。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。