Go to Contents Go to Navigation

半導体業界でサムスンの首位盤石に SKもトップ3入り=米報告書

記事一覧 2018.11.13 10:42

【ソウル聯合ニュース】市場調査会社の米ICインサイツがこのほど発表した「2018年半導体市場展望報告書」によると、韓国・サムスン電子の今年の半導体事業の売上高は832億5800万ドル(約9兆4700億円)で、前年(658億8200万ドル)比26%増加すると推算された。

2018年通期の各半導体メーカーの売上高見通し(ICインサイツホームページより)=(聯合ニュース)

 米インテルは701億5400万ドルの売上高を記録し、前年(617億2000万ドル)比14%増にとどまると予想された。

 昨年初めて首位に立ったサムスンと2位インテルの売上高の差は、昨年の40億ドルから今年は130億ドル以上に広がる計算になる。

 ICインサイツは「1993年から世界の半導体業界の王座を守ってきたインテルは、昨年4~6月期に初めてサムスン電子にトップの座を譲った」とし、「今年の(半導体メモリーの)DRAMとNAND型フラッシュメモリー市場の急成長により、両社の売上高の差はさらに広がった」と説明した。

 一方、サムスン電子はメモリー事業の比重が昨年より3ポイント上昇した84%に達し、「偏重」現象が深刻化していると指摘された。今年のメモリー事業と非メモリー事業の売り上げ増加率はそれぞれ31%、6%と推定された。

 一方、韓国・SKハイニックスの売上高は前年比41%増の377億3100万ドルを記録し、世界の半導体業界上位15社のうち、最高の売り上げ増加率を記録すると予想された。

 また、同社は世界最大の半導体ファウンドリー(受託製造)企業の台湾積体電路製造(TSMC、342億900万ドル)を下し、トップ3入りが確実視される。

 半導体上位15社の今年の売上額合計は3811億6000万ドルで、前年比18%増加すると推算された。

 なかでもメモリー半導体で3大企業と呼ばれるサムスン電子(26%)とSKハイニックス(41%)、米マイクロン・テクノロジー(33%)の売り上げ増加率が際立っている。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。