Go to Contents Go to Navigation

ソウル・明洞に18階建てホテル建設へ 市が容積率緩和

記事一覧 2018.11.15 12:45

【ソウル聯合ニュース】ソウルの繁華街で外国人観光客も多い明洞に、地下4階、地上18階建て、全75室のホテルが建設される見通しだ。

ホテルの完成イメージ図(ソウル市提供)=(聯合ニュース)

 ソウル市は15日、市の都市計画条例に従い、「明洞観光特区」地区単位計画区域内に観光宿泊施設を建設する際の容積率を20%の範囲内で緩和するとした計画を、前日の関係委員会で修正の上、可決したと発表した。

 市によると、新ホテルが建てられる場所は観光特区内にあり、地下鉄2号線乙支路入口駅と4号線明洞駅に近い。完成すれば外国人観光客の宿泊需要に応えるものと予想される。市関係者は「ソウルの代表的な観光名所、明洞エリアで不足する観光宿泊施設を拡充し、同エリアの観光産業発展に寄与するだろう」と述べた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。