Go to Contents Go to Navigation

ナムジュン・パイクのアートの足跡たどる 京畿道で展示

記事一覧 2018.11.16 12:30

【竜仁、楊州聯合ニュース】ソウルに隣接する京畿道で、世界的ビデオアーティストのナムジュン・パイク(白南準=ペク・ナムジュン、1932~2006)の芸術世界に触れられる展示が開催中だ。ナムジュン・パイクの芸術活動をたたえて建設された「白南準アートセンター」(竜仁市)が今年、開館10周年を記念して実施した催しなどだ。

白南準アートセンター=(聯合ニュース)

 白南準アートセンターの建設は、ナムジュン・パイク自身が2001年から京畿道と話し合い、03年にドイツの若手建築家らが共同で設計した。

 延べ5600平方メートル、地上3階・地下2階建てで、展示室やビデオ保管室、多目的スペースなどからなる。鏡を多用したことが特徴。08年に一般公開された。

アートセンター右手はシラカバに囲まれており、思索にふけることができる=(聯合ニュース)

 ナムジュン・パイクはこの世を去ったが、その芸術は今も生き続け、このアートセンターで彼の芸術世界をのぞくことができる。

 アートセンターは先ごろ開館10周年の記念式典を開いた。現在、「芸術の共有地、白南準」をテーマとする企画展示やシンポジウムなど、実験的なプログラムを運営している。

竜仁市には、道路をはじめ、ナムジュン・パイクの名を取ったところがいくつもある=(聯合ニュース)

 一方、京畿道北部にもナムジュン・パイクの芸術を鑑賞できる場所がある。楊州市の「楊州市立張旭鎮美術館」だ。

広々とした楊州市立張旭鎮美術館=(聯合ニュース)

 洋画家の張旭鎮(チャン・ウクチン、1917~1990)の作品を展示する美術館で、12月2日まで企画展「張旭鎮と白南準のブッダ」を開催している。それぞれの仏教的な世界観を示す作品など30点余りを展示する。 

ナムジュン・パイクの「自画像」=(聯合ニュース)
美術館1階のカフェの前には青々とした芝生が広がる=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。