Go to Contents Go to Navigation

正恩氏が視察した「先端武器」実験 通常兵器と推定=韓国統一部

記事一覧 2018.11.16 11:33

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の李有振(イ・ユジン)副報道官は16日の定例会見で、北朝鮮メディアが、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が「先端戦術武器」の実験を指導したと報じたことについて、「武器に関する具体的な言及がなく、確認が必要な状況」と述べた。

朝鮮労働党機関紙、労働新聞は16日、金委員長が先端戦術武器の実験を指導したと報じた=(労働新聞=聯合ニュース)

 また、同部の当局者は「『戦術武器」という表現から、通常兵器と推定しているが、『先端』としたことに関しては確認が必要」と説明した。

 李副報道官によると、兵器の実験に関連した金委員長の公開活動は大陸間弾道ミサイル(ICBM)級の「火星15」の発射に立ち会った昨年11月29日以来で、今年の軍事分野の公開活動は8回。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。