Go to Contents Go to Navigation

韓国最大のVRテーマパーク 30日オープン=日本企業コンテンツ多数

IT・科学 2018.11.18 10:20

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代百貨店グループ系列のIT企業、現代IT&Eは18日、国内最大規模の仮想現実(VR)テーマパーク「VRステーション江南店」を30日にオープンすると発表した。

韓国最大のVRテーマパーク 30日オープン=日本企業コンテンツ多数 - 1

 地下鉄江南駅の近くにオープンする同店は3960平方メートル規模で、地下1階、地上3階で運営される。

 地下1階と地上1階には日本のバンダイナムコアミューズメントのVRコンテンツで構成された「VR Z」が入り、2階と3階には国内のVRゲームなどが置かれる。

 現代IT&EはバンダイナムコアミューズメントのVRコンテンツ11種類を韓国で初めて提供する予定だ。このため現代IT&Eは先月、バンダイナムコアミューズメントとVRコンテンツの独占供給契約を締結した。

 2階と3階に入る国内VRコンテンツゾーンでは韓国のスタートアップ企業や中小のVR関連企業と共同でVRコンテンツを運営する。 

 またVR技術を活用したシネマ・メディアアート・電子漫画など多様な文化コンテンツも公開する。

 特に「VRシネマ」はVRと体感型の「4DX」を組み合わせた16席規模のVR専用映画館で、最高級レベルの設備でVR映画を鑑賞することができる。 

 現代IT&Eの関係者は「VRステーション江南店は120人が同時にゲームなどのVRコンテンツを利用でき、1日に最大5000人まで楽しむことができる国内最大規模のVRテーマパーク」と紹介し、2020年までに10店以上のVRステーションをオープンする計画と伝えた。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。