Go to Contents Go to Navigation

「韓日市民100人未来対話」 千葉県で21~23日に開催

記事一覧 2018.11.20 17:29

【ソウル聯合ニュース】韓国と日本の非政府組織(NGO)関係者、専門家、市民らが集い、両国の交流や発展の方向性を探る「2018韓日市民100人未来対話」が21~23日に千葉県で開催される。

昨年11月に韓国・済州島で開かれた「韓日市民100人未来対話」の様子=(聯合ニュース)

 同行事は韓国国際交流財団、ソウル大、早稲田大の共催。「東アジアの平和と繁栄のための韓日市民社会の役割」をテーマに、「朝鮮半島および北東アジアの平和」「少子高齢化時代」「朝鮮通信使」「未来世代のための教育」などについて意見を交換し、解決策を模索する。

 21日に歓迎夕食会、22日に開会式、フォーラム、韓日市民による創作ミュージカル上演、23日に総合討論が行われる。

 開会式には李是衡(イ・シヒョン)同財団理事長をはじめ李鍾元(イ・ジョンウォン)早稲田大韓国学研究所長、韓栄恵(ハン・ヨンヘ)ソウル大日本研究所長、姜尚中(カン・サンジュン)東京大名誉教授、松谷基和・東北学院大准教授らが出席する予定だ。

 李理事長は未来対話について「両国共通の懸案に対する市民社会の自主的な解決の努力と協力を導き出すために開催される。相互理解の幅を広め、未来志向的な韓日関係の構築に少しは寄与できるだろう」と説明した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。