Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 慰安婦財団の解散発表=「直ちに法的手続き行う」

記事一覧 2018.11.21 12:40

【ソウル聯合ニュース】韓国女性家族部は21日、旧日本軍の慰安婦問題を巡る2015年の韓日合意に基づき設立された慰安婦被害者支援のための「和解・癒やし財団」の解散を公式発表した。

和解・癒やし財団の事務所(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国大法院(最高裁)が新日鉄住金に対し日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者への賠償を命じた判決に日本政府が反発する中、今回の決定により両国間に生じた亀裂は一段と広がる見通しだ。

 女性家族部はこの日「『和解・癒やし財団』の解散を推進し、このための法的な手続きに入る予定だ」とし、外交部と共に同財団の処理について意見を取りまとめ、関係官庁との協議などを進めてきたが、財団を取り巻く現在の状況とこれまでの検討結果を反映して解散を推進し、事業の終了を決定したと説明した。

 また、10月末現在で57億8000万ウォン(約5億7200万円)が残っている財団の基金については、7月に韓国政府の予算で編成した「両性平等基金」の事業費103億ウォンと合わせ、慰安婦被害者や関連団体などの意見を集めて合理的な処理策を設けていく計画だとした。

 財団の解散までの法的な手続きには6カ月以上かかるとされ、韓国政府はこの期間に日本が拠出した10億円の扱いに関して日本側と協議を試みる方針だ。

 10億円の扱い問題とは別に、女性家族部は直ちに財産の清算に関する法的手続きを取る。

 女性家族部の陳善美(チン・ソンミ)長官は「『被害者中心主義』の原則の下、さまざまな意見を取りまとめた結果などを基に財団の解散を推進することになった」とし、「今後も慰安婦被害者の名誉・尊厳の回復のための政策推進に最善を尽くしたい」と述べた。

 財団は日本政府が10億円を拠出し、16年7月に韓国で設立された。慰安婦被害者や遺族の支援事業を行い、生存者34人(15年12月時点)、死亡者58人の遺族に計44億ウォンを支給した。だが、文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後、慰安婦合意の検証を行った上で10億円を韓国政府の予算で置き換え、理事8人のうち民間からの5人全員が辞任し、財団の機能は事実上停止している。

 財団の解散は、文大統領が9月に米ニューヨークで開かれた韓日首脳会談で言及したことで現実味を帯びた。先月東京で開かれた韓日外務次官会談で韓国政府は財団を解散する方針を伝えたが、日本は慰安婦合意の履行の必要性を強調した。

 韓国政府が認定した慰安婦被害者240人のうち6人が今年死去し、存命者は27人になった。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。