Go to Contents Go to Navigation

東南ア・中国人客に人気 ソウル近郊のスノーパークやエバーランド

記事一覧 2018.11.22 15:27

【高陽聯合ニュース】雪を見たことのない東南アジアからの観光客は、決まった時間になると天井から降ってくる雪に歓声を上げる。誰もがスマートフォンを手に、競うように写真を撮る。ソウル近郊の京畿道・高陽にある大型複合レジャー施設「ワンマウント」内のスノーパークで目にした光景だ。

スノーパークで人工雪に喜ぶ台湾人客=(聯合ニュース)

 いつでも「雪の世界」を楽しめるスノーパークは元々、真夏に最も人気がある。猛暑に見舞われた今夏は、涼を求める韓国人たちでいつもにぎわっていた。秋になった今は東南アジアからの団体客がよく訪れている。

スノーパークで犬ぞりを体験する子どもたち=(聯合ニュース)

 ワンマウントの隣にはアクアリウム(水族館)があり、その間には韓屋(韓国の伝統家屋)風の高陽観光案内センターが位置している。

韓屋風の高陽観光案内センター=(聯合ニュース)

 ソウルや京畿道の首都圏には、このように東南アジアや中華圏からの旅行者に特に人気がある観光スポットが多い。代表的なのが、京畿道・竜仁の大規模テーマパーク「エバーランド」だ。

 大手のインバウンド(訪韓外国人客)旅行会社はエバーランドと地方の旅行地を組み合わせたコースを外国人向けに販売している。寒さが厳しい真冬は、屋外のエバーランドの代わりに屋内テーマパークを備えたソウルの「ロッテワールド」が人気だという。

エバーランドで秋のイチョウ並木を楽しむ来場者=(聯合ニュース)

 一年中人気のスポットの一つが、ソウルと京畿道の金浦、仁川を流れる運河「京仁アラベッキル」だ。ここでクルーズを楽しめるツアーもある。

 アラベッキルのクルーズを終えると、「現代アウトレット」が待っている。ショッピングの時間だ。団体客はショッピング好きな人が多く、現代アウトレットや近隣の高陽の「ロッテアウトレット」などは必ずツアーコースに含まれる。

京畿道・坡州のロッテアウトレット=(聯合ニュース)

 京畿道・加平にあるフランスの村をイメージしたテーマパーク「プチ・フランス」も外国人客に好評だ。ここには100年前のフランス王室で実際に使われていたベッドもある。

プチ・フランスの夜景(施設提供)=(聯合ニュース)

 プチ・フランスよりさらに注目を集めているのが、京畿道と江原道の境界にある近隣の「南怡島」だという。最初はドラマ「冬のソナタ」のロケ地として人気を博したが、活発な投資のおかげで訪れるたびに目新しさがあり、リピーター客がかなり多いとのことだ。

南怡島での伝統芸能公演(資料写真)=(聯合ニュース)

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。