Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子 五輪スポンサー延長せず?=韓国国内で関心

記事一覧 2018.11.22 10:49

【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮による2032年夏季五輪の共同開催の推進が論じられている中、韓国のサムスン電子が五輪のスポンサー契約を延長するかどうかに関心が集まっている。

サムスン電子は五輪の最高位スポンサーを務めている(資料写真)=(聯合ニュース)

 与党・共に民主党の安敏錫(アン・ミンソク)国会議員は21日に出演したラジオ番組で、この先、五輪の南北共同開催まで何度かヤマ場があるとし、「その最初は今週、サムスンが(五輪の)スポンサー契約を延長するかどうかだ」と語った。安氏は国会文化体育観光委員会の委員長で、党内では南北文化体育協力特別委員会の委員長も務めており、五輪の南北共同開催に向けた議論を主導している。

 だが、政界の期待とは裏腹に、財界ではサムスンが契約を延長しないとの見方が有力だ。

 サムスン電子が国際オリンピック委員会(IOC)と結んだ契約上では、20年東京夏季五輪まで無線通信分野の最高位スポンサー(TOP)として後援することになっている。サムスン側は契約延長の可否について「まだ決まっていない」としている。

 だが、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長は朴槿恵(パク・クネ)前大統領の長年の知人の娘に対する乗馬訓練支援などが贈賄と見なされ逮捕・拘束され、今年2月に執行猶予付き判決で釈放された。また、今年4月にはサムスンが平昌冬季五輪の招致のためIOC委員を相手に違法なロビー活動を行っていたとの疑惑が浮上。サムスン側は強く反論した。こうしたことから、スポーツを後援することに対する負担が増したと見る向きが強い。

李在鎔サムスン電子副会長(資料写真)=(聯合ニュース)

 マーケティングの面でも効果に疑問符が付く。16年リオデジャネイロ夏季五輪が興行に失敗したように五輪の人気は以前ほどではなく、一方でIOCが要求するスポンサー料は上がっているためだ。最高位スポンサーは4年ごとに1億ドル(約113億円)程度を五輪に支払うとされる。

 財界の関係者は、サムスン電子がスポンサー契約を延長しないのであればできるだけ早く意思を示すことが望ましいと指摘。ただ、「22年は北京冬季五輪のためサムスン電子のポジションを狙う中国企業が多く、IOCは後釜を探すのに苦労しないだろう」と話した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。