Go to Contents Go to Navigation

晩秋の絶景 ソウル近郊のつり橋へ出かけよう

記事一覧 2018.11.26 12:30

【坡州、楊平聯合ニュース】晩秋の風景に映えるつり橋を訪ねてみてはどうだろうか。ソウル近郊でおすすめのつり橋を紹介する。散策がてら過ぎ行く秋を惜しむのもよいだろう。

坡州・馬場湖のつり橋=(聯合ニュース)

◇坡州・馬場湖

 ソウルの北、京畿道坡州市の馬場湖につり橋ができた。農業用貯水池である馬場湖は秋の景色の美しさで知られ、毎年この時期はマス釣りを楽しむ人たちでにぎわう。だが今はつり橋が話題を独占している。

 坡州市は今年3月、馬場湖一帯を散策路やトレッキングコース、キャンプ場、展望台、カフェなどを備えるテーマパークとしてオープンした。入園と駐車は無料で、ペット連れでも入れる。

◇楊平・シジャパーク

 ソウルの東、京畿道楊平郡には小さいながらも秋の風景が自慢のつり橋がある。「シジャ(休もう)パーク」に設けられた、森を楽しむ2.3キロのコースを歩けばよい。ここもペットを連れて入園できる。

秋らしさが感じられるシジャパーク内のつり橋=(聯合ニュース)

◇坡州・紺岳山

 坡州の紺岳山に架けられた「雲渓つり橋」は、韓国最長のつり橋だ。昨年9月末に開通したばかりだが、通行者はすでに100万人を突破。首都圏の新たな名所として注目を浴びる。

 紺岳山(標高675メートル)の登山路は梵輪寺の渓谷沿いの道から始まるコースが人気だが、つり橋ができてからは多くの人がここを起点に渓谷へと向かう。

秋の午後、紺岳山のつり橋を渡る人たち=(聯合ニュース)

◇楊平・龍門寺

 楊平の龍門寺なら、美しい風景を心静かに楽しめる。駐車場から寺まで大人の足でも30分ほどかかるが、その分、心ゆくまで散策できる。つり橋は寺のすぐ下で来訪者を待っている。

龍門寺のつり橋で記念撮影する母娘=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。