Go to Contents Go to Navigation

変則スイングの崔虎星 カシオゴルフで優勝=通算2勝目

記事一覧 2018.11.25 15:46

【ソウル聯合ニュース】男子ゴルフの日本ツアー、カシオワールドオープンは25日、高知県Kochi黒潮CC(7335ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、変則スイングが話題の崔虎星(チェ・ホソン、45)が5バーディーの67で回り、通算15アンダー、273とし、大会初優勝を飾った。優勝賞金は4000万円。

韓国の崔虎星(提供写真)=(聯合ニュース)

 2013年インドネシアPGAチャンピオンシップ以来のツアー通算2勝目となる。

 インパクトの後に足を跳ね上げながら体を回転させる変則スイングは「魚を釣りあげる」姿に似ていることから「釣り人打法」と呼ばれ、韓国だけではなく、米国など世界で人気を得ている。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。