Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(11月26日)

◇政府・与党 自営業者のカード手数料引き下げ発表へ

 韓国政府と与党「共に民主党」は26日、会議を開いて零細自営業者の負担を緩和するためのクレジットカード手数料改編案を議論する。会議後に具体的な手数料引き下げ幅が発表されるとみられる。これに先立ち、文在寅(ムン・ジェイン)大統領はカード手数料の負担緩和と市民向けの金融支援システム改善など、自営業者支援のための対策を設けるよう指示していた。

会議に出席する崔鍾球(チェ・ジョング)金融委員長=(聯合ニュース)

◇粒子状物質の濃度 中西部・南部で上昇

 26日は平年より気温が高くなる見込み。一日の寒暖差が大きくなり、中西部と一部の南部地域では粒子状物質(PM)の濃度が上昇しそうだ。気象庁によるとこの日は全国的に晴れ、済州地域では午後に小雨が降る見通し。午前5時現在の気温はソウル2.1度、江陵6.6度、大田1.3度、光州3.5度、済州10.9度、大邱マイナス0.1度、釜山6.9度など。

◇大学入試問題 きょう正解発表

 15日に行われた2019年度大学修学能力試験(日本のセンター試験に相当)の出題機関、韓国教育課程評価院は、26日午後5時ごろに試験問題の正解を発表する。受験生には来月5日に成績が通知される。問題と解答に対し、試験当日から19日午後6時までに行われた受験生からの異議申し立ては991件で、過去最高を記録した。

◇食品医薬品当局 米たばこ会社の情報公開訴訟に対抗へ

 米フィリップ・モリスが韓国当局に「アイコス」など加熱式たばこの有害性分析結果を公開するよう求めた訴訟で、食品医薬品安全処はソウル行政裁判所に同社の訴訟に対する意見書を提出した。食品医薬品安全処は今年6月、フィリップ・モリスをはじめとする各社の加熱式たばこの有害成分を分析した結果、一般のたばこと同程度の量のニコチンとタールが検出されたと発表した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。