Go to Contents Go to Navigation

金正恩の来韓時期 米朝首脳会談踏まえた判断必要=韓国大統領府

記事一覧 2018.11.26 13:46

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は26日の記者会見で、年内に北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の韓国訪問が可能かとの問いに、「さまざまな可能性をすべて踏まえて議論中」と答えた。同氏は「2回目となる朝米(米朝)首脳会談の前がいいのか後がいいのか、どちらが朝鮮半島の平和・繁栄をもたらすのに効果的か、いろいろな考えと判断が必要な時」と説明した。

青瓦台の金宜謙報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

 朝米首脳会談は来年初めの開催が予想されている。金氏の発言は、金委員長の年内来韓を推進するという従来の立場から後退し、来年に持ち越される可能性に初めて触れたものといえる。

 朝米首脳会談開催の詳細を決めるための朝米の高官協議は先送りされている。同協議の開催に関し、金氏は「われわれも見守っているところ」と述べた。具体的な言及は控えながらも、「朝米間で現在協議中であり、速やかに開かれることを期待する」とした。

 朝鮮戦争の終戦宣言が年内に可能かとの質問には、「韓国政府だけ、また、南北の決定だけでできることでなく、南北と米の3者が合意すべきこと」と答えた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。