Go to Contents Go to Navigation

感染症対応などで協力確認 韓中日保健担当相会合

記事一覧 2018.11.26 16:11

【ソウル聯合ニュース】韓中日3カ国は24~25日に熊本で保健担当相会合を開き、新種の感染症への対応で緊密に協力することで一致した。韓国保健福祉部が26日、伝えた。

会合の様子(保健福祉部提供)=(聯合ニュース)

 会合で採択された共同声明によると、3カ国は、地理的な近接性や人的・物的交流の増加を踏まえると感染症流行に対する対応に向けた地域レベルの緊密な協力が急ぎ必要との認識で一致した。

 また、迅速な情報共有を強化するとともに、域内の公衆衛生に及ぼす脅威を監視し、感染症流行によりもたらされる全ての脅威に対する対応力の強化を図ると強調した。

 来月5日に東京で開催される第12回韓中日感染症フォーラムで、海外から流入される感染症、新種の重度感染症、珍しい寄生虫疾患、鳥インフルエンザ(H7N9)および抗生剤の耐性について専門家による協議を続けることで一致した。

 会合には朴凌厚(パク・ヌンフ)保健福祉部長官、日本の根本匠・厚生労働相、中国の馬暁偉・国家衛生健康委員会主任が出席した。朴氏は根本氏、馬氏とそれぞれ2国間会談も行い、関心事項について意見交換した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。