Go to Contents Go to Navigation

肌寒い日はのんびり本を楽しもう 韓国首都圏の読書空間5選

記事一覧 2018.11.29 12:30

【ソウル聯合ニュース】日増しに肌寒さが増し、初冬を思わせる今日この頃。そんな日は暖かい室内でリラックスして読書にふけるのはどうだろう。韓国首都圏にあるお勧めの読書空間5カ所を紹介したい。

大型の本棚が並ぶ知恵の森=(聯合ニュース)

◇坡州出版都市の「知恵の森」

 出版社や印刷所など出版関連会社が集まる京畿道・坡州の坡州出版都市に2014年に開館した図書館「知恵の森」には高さ8メートルの大型の本棚が並び、まるで本で森を作ったかのよう。実に13万冊もの本があるが、全て個人や団体、出版社などから寄贈されたものだというから驚く。

◇盆唐の漫画カフェ

 京畿道・城南の盆唐チャ病院の目の前に隠れ家的な漫画カフェがある。地下にあるため見逃してしまいやすい。内部はまるでソウルの大型書店のようで、本棚の本はほとんどが漫画だが小説も割と多い。

大型書店のような店内=(聯合ニュース)

 ほの明るい照明と静かなBGM、利用者がパソコンで本を検索する姿は確かに大型書店を思わせる。違うところは、テーブルやイスがたくさんあることだ。柔らかいクッションに身を預けた人々が読書を楽しんでいた。

店内ではリラックスして読書を楽しめる=(聯合ニュース)

◇盆唐の古本屋

 盆唐チャ病院の近くにはもう1カ所、読書空間がある。インターネット書店が運営する古本屋だ。入り口にはその日に入ってきた本の冊数が表示されている。テーブルとイスがあり、興味のある本を試し読みするのにぴったりだ。

気になる本はテーブルで試し読みできる=(聯合ニュース)

◇竜仁のブックカフェ

 小説家で記号学者でもあったウンベルト・エーコにインスピレーションを得たという京畿道・竜仁の宝亭洞にあるブックカフェ。昔のベストセラーやお勧めの本が並んでいる。ここを訪ねてくる客の年齢は、宝亭洞カフェ通りを訪れる人々に比べて高い傾向にある。

昔のベストセラーなどさまざまな本が並ぶ=(聯合ニュース)

◇ヘイリ芸術村のブックカフェ「フォレスタ」

 個性的な建物とアーティストが集まる坡州の「ヘイリ芸術村」にあるブックカフェ、フォレスタは入った瞬間に高さ6メートル、幅20メートルの巨大な本棚に圧倒される。緑色の本棚と色とりどりの本が秋の紅葉をほうふつとさせる。ブックカフェと書店が一緒になっており、本の購入もできる。

巨大な本棚が目を引くブックカフェのフォレスタ(資料写真)=(聯合ニュース)

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。