Go to Contents Go to Navigation

韓国軍 イスラエル製早期警戒レーダー2機を追加購入へ

記事一覧 2018.11.27 18:26

【ソウル聯合ニュース】韓国防衛事業庁は27日、防衛事業推進委員会を開催し、弾道ミサイルの早期警戒レーダーについて、イスラエル製の「グリーンファイン」2基を追加で購入することを決めた。

韓国国防部(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国軍は既に2基のグリーンファインを保有しているが、今回導入される機種は探知距離が800キロ以上で、600キロ以上だったこれまでの機種よりも性能が上がっている。早期警戒レーダーは上昇段階にある弾道ミサイルを捕捉することができる。

 防衛事業推進委員会では、米ボーイングのP8A「ポセイドン」哨戒機6機を購入する事業の交渉結果も報告された。 

 韓国軍は有償軍事援助(FMS)でP8Aを1機当たり2100億ウォン(約211億円)で購入する予定で、米政府との契約は今年中に締結される。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。