Go to Contents Go to Navigation

[韓流]TWICE事務所代表の保有株式価値 今年173%増の200億円超

記事一覧 2018.12.02 15:36

【ソウル聯合ニュース】人気ガールズグループ、TWICE(トゥワイス)が所属する韓国の芸能事務所、JYPエンターテインメントの筆頭株主で同社代表を務めるパク・ジニョン氏のJYP保有株式の価値(11月末時点)が今年年初に比べ172.9%増の2037億9000万ウォン(約206億円)に達したことが、情報サイト・財閥ドットコムの調べで分かった。

音楽プロデューサーでもあるパク・ジニョン氏=(聯合ニュース)

 財閥ドットコムによると、日本でも人気のTWICEやGOT7(ガットセブン)が所属するJYPの株価は今年に入り135.6%上昇し、同社の時価総額は初めて100兆ウォンを超えた。パク氏はJYP株の18.72%を保有している。

 一方、韓国の芸能関係者で最も保有株式の価値が高額なのはSMエンタテインメントの株式を19.15%持っている同社会長の李秀満(イ・スマン)氏で、保有株式価値は2358億ウォン。今年52.9%増加した。

 JYP、SMとともに韓国の3大芸能プロダクションを形成しているYGエンターテインメントの梁鉉錫(ヤン・ヒョンソク)代表の保有株式価値も今年47.8%上昇し.1461億7000万ウォンに達した。

 ほかに旧キーイーストの筆頭株主だった俳優のペ・ヨンジュン氏の保有株式価値は年初より9.4%増の491億8000万ウォン。キーイーストは今年初めにSMエンタテインメントに吸収合併された。ペ・ヨンジュン氏はSM株を保有している。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。