Go to Contents Go to Navigation

3.3億平方m超を軍事施設保護区域から解除 韓国政府・与党

記事一覧 2018.12.05 10:18

【ソウル聯合ニュース】韓国の与党「共に民主党」と政府は5日に国会で協議会を開き、軍事作戦上で問題のない21地域の計3億3699万平方メートルを「軍事施設保護区域」から解除することで一致した。

軍事施設保護区域の解除を話し合う協議に出席した与党・政府関係者=5日、ソウル(聯合ニュース)

 軍事施設保護区域から解除される地域の63%は江原道、33%は京畿道で、主に軍事施設が密集した北朝鮮と近い地域だ。ソウルや仁川をはじめとする首都圏も含まれた。

 共に民主党の金太年(キム・テニョン)政策委員会議長は会見で、「解除される地域では軍との協議なしに建築や開発が可能で、住民が財産権を行使できる。地域経済も活性化すると予想される」と説明した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。