Go to Contents Go to Navigation

慰安婦被害者が死去 存命は26人に=韓国

韓日関係 2018.12.05 10:45

【広州聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者が共同生活を送る韓国の施設「ナヌムの家」(京畿道広州市)は5日、被害者のキム・スンオクさんが体調悪化により同日午前に死去したと発表した。97歳だった。

在りし日のキム・スンオクさん(ナヌムの家提供)=(聯合ニュース)

 キムさんは20歳のころ、工場で働けるという話にだまされて中国・黒竜江省に連れていかれ、慰安婦としての生活を強いられた。1945年に日本による植民地支配からの解放を迎えたが、生活のために中国人と結婚し、そのまま中国で暮らした。

 2005年に韓国政府やナヌムの家などの手助けで韓国の国籍を回復。ナヌムの家で生活しながら、慰安婦問題の解決を求め、市民団体がソウルの日本大使館前で開く定例の「水曜集会」に参加したり、自身の体験を語ったりするなどの活動を行った。

 13年には日本政府に慰謝料を請求する民事調停を申し立てた。被害者の名誉回復に向けた取り組みも積極的に行った。

 キムさんが死去したことで、韓国政府が認定した慰安婦被害者240人のうち生存者は26人に減った。

慰安婦被害者を象徴する少女像(資料写真)=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。