Go to Contents Go to Navigation

学校でも「Me too」 今年ツイート相次ぐ=韓国

記事一覧 2018.12.05 15:15

【ソウル聯合ニュース】会員制交流サイト(SNS)のツイッターによると、韓国社会に関し今年最もツイート数が多かった単語は「スクールMe too(私も)」だった。

ソウル市教育庁(教育委員会に相当)の塀に張られたメモ用紙。「スクールMe too」の解決を訴えている(ツイッターから)=(聯合ニュース)

 ツイッターは5日、今年1月1日から11月10日までのツイートを分野ごとに分析した結果を発表した。「スクールMe too」のツイートが多かったことについて、セクハラや性的暴力を告発する「Me too」運動が学校内にも広がったと分析した。

 次いでツイート数が多かったのは「フェミニズム」で、盗撮を意味する「モルカ(隠しカメラ)」、「嫌悪」と続いた。

 5位には、与党の元党員らによるインターネット上での不正な世論操作疑惑で中心人物とされた男(公判中)が使っていたハンドルネーム「ドゥルキング」が入った。

 「粒子状物質」が6位、「南北首脳会談」は7位だった。

社会分野のツイート数の順位(ツイッター提供)=(聯合ニュース)

 政治関連のツイート数最多は「文在寅(ムン・ジェイン)」大統領で、北朝鮮の「金正恩(キム・ジョンウン)」国務委員長(朝鮮労働党委員長)は5位となった。

 エンターテインメント分野では「平昌冬季五輪」が1位。同大会で注目された競技「カーリング」も7位に入った。

政治分野のツイート数の順位(ツイッター提供)=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。