Go to Contents Go to Navigation

正恩氏のソウル訪問「決まったものはない」 韓国情報機関

記事一覧 2018.12.05 13:33

【ソウル聯合ニュース】韓国の情報機関・国家情報院(国情院)は5日の国会情報委員会で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)のソウル訪問について、「(時期など)決まったものはない。朝米(米朝)対話と連動されているため、(対話の)進行状況によって決まる」と報告した。情報委員長の李鶴宰(イ・ハクジェ)国会議員が明らかにした。

国会情報委員会に出席した徐薫・国家情報院長=5日、ソウル(聯合ニュース)

 国情院は米中央情報局(CIA)のアンドリュー・キム朝鮮ミッションセンター長が3日、南北軍事境界線がある板門店で北朝鮮側と接触した際、金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長は出席しなかったとの報道に関しては、「両氏が会わなかったのは事実」とした上で、「最初から会う計画はなかった」と説明した。

 その上で、「国情院とCIAは(米側が)北の誰と会ったのか、米国の立場は何だったのかなどについて十分に意思疎通している」と報告したという。

 情報委員会には徐薫(ソ・フン)国家情報院長らが出席した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。