Go to Contents Go to Navigation

正恩氏の韓国国会演説 賛成46.7%・反対40.2%=世論調査

政治 2018.12.10 10:27

【ソウル聯合ニュース】韓国調査会社のリアルメーターが10日に発表した世論調査結果によると、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)がソウルを訪問した場合に国会で演説することに対し、賛成する意見が46.7%、反対する意見は40.2%だった。誤差の範囲内で賛成が優勢だった。

 進歩(革新)層で賛成意見が70.6%だったのに対し、保守層は69.3%が反対意見だった。中道層は賛成意見が47.2%、反対意見が40.4%と集計された。

 年齢層別にみると、30代と40代で賛成意見がそれぞれ半数を超えた一方、60歳以上では反対意見が優勢、50代は賛否が半々に分かれた。

国会演説に賛成する意見(「賛成」「どちらかといえば賛成」の合計)が46.7%、反対する意見(「反対」「どちらかと言えば反対」の合計)が40.2%だった(リアルメーター提供)=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。