Go to Contents Go to Navigation

韓国外交部が「中国局」の新設推進 対中外交を強化

政治 2018.12.11 10:30

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部が対中外交の強化に向け、来年初めの「中国局」(仮称)新設を推進していることが11日、政府筋の話で分かった。

外交部(資料写真)=(聯合ニュース)

 現在、外交部の中国関連業務は東北アジア局傘下の二つの課が担っている。東北アジア1課が日本関連、2課と3課が中国関連業務の担当だ。外交部は東北アジア局から中国関連業務の担当組織を切り離し、局に格上げするため、行政安全部と協議を進めている。

 中国局の新設は外交部の宿願で、これまで何度も推進したものの人員や予算などの問題で実現しなかった。

 だが昨年、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備を巡り中国との関係が冷え込んだことなどで対中外交力の強化の必要性が浮き彫りになり、中国局の新設に対する前向きなムードが広がったとされる。

 行政安全部との協議後、企画財政部との予算協議や閣議での承認など必要な手続きが順調に進めば、来年2月ごろにも中国局の新設が可能と外交部は見込んでいる。

 外交部の関係者は「まだ決まっていることはなく、手続きがいくつも残っている」としながらも、「雰囲気が以前よりも多少前向きなのは事実だ」と伝えた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 政治
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。