Go to Contents Go to Navigation

慰安婦関連の「性暴力対応国際協力」予算 初めて計上=韓国外交部

記事一覧 2018.12.11 14:36

【ソウル聯合ニュース】韓国政府で旧日本軍の慰安婦問題を巡る国際社会の共感を広めるための予算が初めて計上された。

慰安婦問題の解決を求め、ソウルの日本大使館前で開かれている定例の「水曜集会」(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国外交部は11日、国会で成立した2019年度(1~12月)予算に「紛争下の性暴力対応のための国際協力増進」のため、4億9800万ウォン(約4980万円)が計上されたと明らかにした。外交部当局者は同予算について、「慰安婦のおばあさんに関連するもの」として、「国際機関と共にどうしたら紛争地域で弱者、特に女性を保護できるかという私たちの経験を共有し、国際的な共感を広げるため」と説明した。

 一方、独島関連予算とされる「領土主権守護および国際法を通じた国益増進」は執行実績が少なく、今年度に比べ3億ウォン削減された約63億ウォンが計上された。

 国際社会での役割強化などに向けた政府開発援助(ODA)予算は8074億ウォンで、今年度に比べ4.2%増加したが、国際機関の分担金は4545億ウォンと同1.2%減少した。

 外交部の来年度予算は2兆3556億ウォンで、今年度比で3.7%増えた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。