Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮問題巡る韓米作業部会 年内に2回目の会合へ

政治 2018.12.11 18:17

【ソウル聯合ニュース】韓国と米国が今月中に非核化や南北関係、北朝鮮制裁問題などを調整する作業部会(ワーキンググループ)の会合を開催する見通しだ。外交部当局者が11日、記者団に対し明らかにした。

韓国と米国は北朝鮮問題などを調整する作業部会の会合を年内に開催する見通しだ(コラージュ)=(聯合ニュース)

 具体的な日程は調整段階にあるという。

 両国は先月20日に初会合を米ワシントンで開いている。今回は双方の対北朝鮮交渉首席代表である李度勲(イ・ドフン)外交部朝鮮半島平和交渉本部長と米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表が韓国で会合を持つものとみられる。

 韓国政府高官は先月20日(米東部時間)、作業部会の発足に合わせて行った記者懇談会で「なるべく1カ月に2回程度、作業部会の会議を行おうと考えている」と述べた。7日にはテレビ会議システムを使って実務者レベルでの協議を開催した。

yugiri@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。